ロト6ナンバー 宝くじ売場情報を
調査するサイト

宝くじの種類
宝くじ売り場!
当選確率
ロト6ワールド

         西銀座はロト6も強い?

テスト方法◎高額当選が出るうわさの売り場で
クイックピックで毎回20ゲーム4千円分を購入して当たりが
どの程度くるか調査する。
今までの最高額◎第189回、3等¥982,000(池袋)
  900 893 891 887 885 882 876 872 867 861
西銀座              
池袋                
新橋            
有楽町                  
渋谷                  

◎数字は等級、空欄はハズレ。西銀座は西銀座デパートチャンスセンター
池袋は池袋東口西武駅構内、新橋は新橋烏森口前
有楽町は有楽町中央口構内、渋谷は渋谷ハチ公前。

現在までの総評◎ジャンボ宝くじで東京では圧倒的な強さを
見せる西銀座デパートチャンスセンターだがロト6でもなかなかの
強さを見せている。
テストを始めての最高額は池袋の3等だが、この時は突然の
当選だった。それまで池袋は5回連続ハズレで不調のどん底
だったが一発強いところを見せてくれた。
しかしその後また5回連続ハズレで面白いものだなあという
のが率直な感想である。
収支面からみるとこの3等で池袋がトップなのだが、安定感から
いえば現在のところ西銀座が一歩リードしている。
東京以外の高額当選がよく出る売場としては、ご存知の方も
多いと思いますが、大阪駅前第四ビル特設売場が有名です。
以前に購入したことがありますが、さすがに人は多かった
ですね。その時は4等が最高でしたが高額当選が出る雰囲気
のようなものはありましたね。
また機会がありましたら購入してみようと思っています。
宝くじと税 「年末ジャンボ宝くじが当選したら 親に3億円プレゼントするわーー!」 ↑コレ!かなり危険です!!! 3億円の宝くじが当たった本人は お金を渡すだけだと思うかもしれませんが、、、 第三者に1年間の間で 110万円以上のお金を渡す(/1人に対し)と、 渡された人に対して贈与税が掛かってくるんです!!! 贈与税!というものがかかります! (最高税額50%!!!) Aさんの資産1億円をBさんに贈与する!となると 贈与税の対象となり、4720万円が税金となり Bさんの手元に残るのはたったの5280万になるので ここは本当に注意が必要です! 「親にラクしてもらいたい!」 「子どもの将来のために!」 と、優しさで分けたとしても 贈与税がかかってくるので ここは本当に気をつけた方が良いポイントです!
みずほ銀行 http://www.mizuhobanku.co.jp/
宝くじネット http://www.takarakuji.net.jp/
宝くじ検索 http://takarakuji.kensaku.co.jp/
ドリームステーション http://takarakuji.dreamstation/
ALL ABOUT http://allabout.co.jp/

当選番号 速報!
  DAY number bonus 1等 2等 3等 4等 5等
第328回 H19.02.01 03 07 10 35 4口 33口 786口 63454口 534276口
12 19 39 85,769,900円 21,543,000円 319,800円 7,100円 1,000円
carryover なし
第329回 H19.02.08 07 08 15 37 3口 37口 857口 38541口 799054口
17 39 40 47,650,200円 3,538,300円 302,700円 7,900円 1,000円
carryover なし
当選番号
DAY number bonus 1等 2等 3等 4等 5等
第338回 H19.02.01 03 07 10 35 7口 29口 983口 45700口 574803口
12 19 39 81,709,900円 27,111,900円 509,300円 9,400円 1,000円
carryover なし
第339回 H19.02.08 07 08 15 37 5口 41口 981口 42000口 834800口
17 39 40 49,333,900円 6,907,900円 298,500円 7,800円 1,000円
carryover なし

ロト6ナンバーはロト6の予想サイトです


宝くじについて 庶民の夢として愛され、親しまれ、多くのファンをもつ宝くじの発売元は、地方自治体です。一般の個人や会社などが発売することは、刑法第187条で禁止されています。 宝くじを発売できるのは、“宝くじの法律”「当せん金付証票法」(昭和23年施行)に定められた全国都道府県及び20指定都市、つまり地方自治体です。この地方自治体が、総務大臣の許可を得て発売元となり、発売等の事務を銀行等に委託しています。 発売等の事務を受託した銀行等では、発売元(地方自治体)の定めた発売計画に従って、宝くじ券の図柄選定、印刷、売り場への配送、広報宣伝、売りさばき、抽せん、当せん番号の発表、当せん金の支払いなどを行います。 そして、収益金は抽せん会終了後、時効当せん金は時効成立後、それぞれ発売元である全国都道府県及び20指定都市へ納められ、はじめて1回分の受託業務を終了します。

宝くじ(たからくじ)は、日本において当せん金付証票法に基づき発行される富くじである。

正式名称は「当せん金付証票」。なお、賞金付きのを購入する賭博一般を指す普通名詞は「宝くじ」ではなく「富くじ」が正式。「当せん金」「抽せん会」などの「せん」の字は、漢字では「」(せん、くじ)と書く。「籤」が当用漢字に入れられなかったため、法令では「当せん」と書かれる。「当選」という表記は新聞協会が定めた「同音の漢字による書きかえ」であり、国語審議会の「同音の漢字による書きかえ」には掲載されていない。

日本では古くは江戸時代などにおいて神社の修復費用を集めるなどの目的で富籤(とみくじ)が発行されていた。また、日中戦争の戦費調達のために制定された臨時資金調整法に基づき「福券」や「勝札」が発行されたこともある。宝くじは1948年当せん金付証票法(昭和23年法律第144号)に基づき浮動購買力を吸収し、もって地方財政資金の調達に資することを目的とする為に運営されている。

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO